映画:「グッバイ、レーニン!」 ★★★★☆

昼間観た映画、「グッバイ、レーニン!」
ドイツ映画。

e0061557_15204682.jpgストーリーは・・・  舞台は、1989年ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツ。主人公アレックスの母は旦那の西への亡命をきっかけに社会主義に執着し、「社会主義と結婚」して祖国功労賞をもらうほどの熱心な共産主義者になった。ある日、アレックスが反社会体制のデモ行進に参加し、警察に連行されてしまう姿を見た母はショックを受け心臓発作で倒れ、意識不明の状態に。奇跡的に8ヶ月後に目を覚ましたのだが、その間にベルリンの壁は崩壊し、東西ドイツは統一される。それを知らない母は少しのショックを受けるだけでも命に関わるという危険な状態…。そんな母に東西ドイツの統一、共産主義の崩壊という事実を知らせないためにアレックスは周りも巻き込み奮闘する。。

アレックスが一生懸命母のために動く姿がコミカルで可笑しくて、
なかだるみはあるけど、最後にはじんわりくる作品。
必死で誤魔化しながら、母の前に東ドイツを実現させるのだが、
その姿にだんだん切なさが漂ってくる。そして、その嘘にも限界がある。
見ているこちらはアレックスの姉や恋人のララのように、
嘘をつき続けることに疑問を持ち始めてしまう。
結局はララが母に話してしまうのだけど(たぶん)
それでも、母はアレックスに気づかれないように騙されてるフリをする。
最後にアレックスを穏やかに優しくみつめながら言う「素晴らしい」
アレックスにとっては、このニセニュースに対する「素晴らしい」だろう。
その時の無邪気な笑顔がまた泣けてくる。
その嘘の壁が崩壊されたあとの打ちあげ花火は、
なんとも爽やかで希望に満ちていた。

感想じゃなくなってしまった。

また意地悪なことを言ってしまうと、アレックスはやっぱりやりすぎよ。
男の子特有のお母さんを守りたい気持ちがそうさせているのだろうか。
あれじゃ、マザコンと紙一重だ(笑)
あ、いや、批判でなくあそこまで、堂々と母親のことを思えるのって
すごいなと感じたということで。
母を想う気持ちが的外れに感じたけど、それは彼が本当は自分の理想の
祖国を追っていたから?資本主義が流れ込んできて、その自由さに憧れを
持ってはいたけど、結局は母の愛した社会主義が懐かしく、
そして自分で作り上げた理想主義が拠り所だったんだろうね。

ちょっと長くなったので、このヘンで。
続きは次へ。 → link

■ グッバイ・レーニン@アマゾン link
[PR]
by chii1979 | 2005-05-26 23:50 | 映画
<< 続 「グッバイ、レーニン!」... 映画:「エヴァとステファンとす... >>


たおやかに***
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
■開設日 忍者TOOLS
アメブロ:2005/01/12
エキブロ:2005/09/11

chiiです。
アメブロからエキブロへ。
細々とやっていきます。
人生ゆる~く、ゆる~く☆
(関連記事→

*メッセージはこちら*

□Love*Love(よくかわります)
Coldplay Sting Travis U2 Beck Elvis Costello Oasis Blur Sade Erikah Badu TLC Madonna Saint Etienne Clementine Lisa Loeb Norah Jones the corrs 畠山美由紀 安室奈美恵 宇多田ヒカル Pushim KinKi Kids スガシカオ スネオヘアー 徳永英明 ウルフルズ 江國香織 村上春樹 原田宗典 京極夏彦 山田詠美 宮部みゆき 桐野夏生 吉本ばなな 矢沢あい 西村しのぶ 一条ゆかり 鴨居まさね 浦沢直樹 聖千秋 蜷川実花 ジュード・ロウ マシュー・マコノヒージュリア・ロバーツ アントニオ・バンデラス トム・ハンクス ニコラス・ケイジ ナタリー・ポートマン アシュレイ・ジャッド ケイト・ハドソン サンドラ・ブロック マリサ・トメイ ドリュー・バリモア ジェニファー・ロペス ジェマ・ウォード ジゼル 伊原剛志 三上博史 竹野内豊 田辺誠一 藤原竜也 オダギリジョー 津田寛治 永作博美 菅野美穂 奥菜惠 辺見えみり 原田知世 ともさかりえ YOU 岩堀せり 富永愛 SHIHO 松本人志 浅草キッド ラーメンズ FUJIWARA 次長課長 さまぁず 板尾創路 木村祐一 鈴井貴之 ニーナ・アナニアシヴィリ シルヴィ・ギエム モネ ピカソ クリムト ロンドン バルセロナ パリ フィレンツェ ローマ バリ 上海 秋 冬


□モロッコ行きたいなぁぁ



☆お気に入り☆
人生楽しんだもん勝ち?
椿
まよの気まま日記
Cinema Coconut
閑居猫*道楽日乗 
曇り時々晴れ
私の歩いてきた道
なでブログ ~ 
貧乏旅行記と旅行情報

Gowith the flow of life
☆☆☆プロローグ☆☆☆
Heart☆Happy
LOVE★LIFE
In da Harlem
『お金はないけど気分は プチセレブ★』
たむの世知辛日記
Author Unknown
BLUE LACE

水曜どうでしょう
CREATIVEOFFICE CUE
7&Y
amazon
スペースシャワーTV
CinemaScape
Eプラス
cafeglobe.com
大極宮
bloom books
Style.com
ABC振興会
ほっとけない 世界のまずしさ
GRACE

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧