<   2005年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

☆Shuffle-シャッフル-☆その弐
e0061557_1636133.jpg渋谷PARCO劇場 : i 列センター席
作・演出:後藤ひろひと
出演:伊原剛志、奥菜恵、山内圭哉、三上市朗、風花舞、平田敦子、松谷賢示、澤田育子、後藤ひろひと、石野真子、鹿内孝

※ストーリー※
”シャッフル”と呼ばれる自称もてもて刑事が喰らった一発!その一発が彼の運命、いや脳内視力を変えてしまう…同僚が上司に!上司が犯人に!犯人が憧れの女性に見えてしまうばらばら頭脳になってしまった…様々な人間模様が様々に入り組む、大王流怒涛のハイパーテンション・ラヴ・コメディ!(パルコ劇場より)

☆Shuffle-シャッフル-☆その壱 も合わせてどうぞ

※※※

とてもとても楽しいお芝居でしたひたすら楽しかったハイテンションでテンポがよく何も考えずに笑えました。130分で休憩なしだったのですがあっという間でした。伊原さん、奥菜さんが好きというのももちろんですが、後藤ひろひとの舞台が好きなんです。観に行く前に「MIDSUMMER CAROL ~ガマ王子VSザリガニ魔人~」を観ました。こちらも面白い!好きといってもただお芝居を観るのが好きなだけで、それほど詳しいわけでもなく、自分の観た舞台のことしかわかりませんが。

さて、だらだらと書いていきましょう。

※ネタバレですので、あしからず。  

回転舞台のセットにはポップなアメリカンコミック風のイラスト。出演者の衣装もビビッドカラー(伊原さんは黄色のスーツだったり、三上さんは緑のスーツ、風花さんは赤、澤田さんはオレンジなどなど)でしたが、浮くこともなく観ていてとても楽しめました。こんな派手なお芝居は観たことなかったので新鮮でよかったです。(@nifty theater forumの公開稽古に様子が載ってます。これ観たら行きたくなりますよ~♪)

伊原さんは人が死んだことを認識したり、頭を強く打ったりするたびに脳内がシャッフルされ、自分が知っている人の顔と中身が入れ替わってしまう「相貌失認」に侵されてしまう。もうごちゃごちゃ。容姿は憧れの石野真子に見えるのに、中身はブスな三つ葉(奥菜さん)だったり・・。演じてるほうは何役もこなすので大変ですね~。私はそれが楽しかったんですけどね。特に、奥菜さん達女優陣3人がへんな情報屋を演じるのがとても面白かった。え、こんなことまでしちゃうの?!って(笑)さすが女優さんだ☆そしてなんか皆さん何役も楽しんで演じているようでした。

主役の伊原さん!スーツに(まっ黄色だけど)拳銃を構える姿、男前でしたね~。二枚目半でお馬鹿で渋くてかっこいい♪手足長っ、背高っ!舞台で映えますね~。素敵でした。そしてコンビを組む奥菜恵もよかった。演技はどうなんでしょう?まぁとにかく、すっごい可愛い。華奢で、色白で、小さいねー。(言いすぎ?(笑))博多弁は私はよくわかりませんが、ハマってました。設定では「黒ぶち眼鏡でチビでブサイクなダサ女」ですが、可愛い人はどんな服装だって黒ぶち眼鏡かけていたって可愛いですよねぇ。それに方言が余計可愛いじゃんか(ひねくれてる(笑))

そして後藤氏が妖精姿で現れたのには爆笑でした。まさか、あんなところで出てくるとは(笑)やってくれますね、最高です。ストーカー、ダイヤモンド(澤田さん)のイカレっぷりも恐くて(笑)ほんと、パンフレットにあったようにナチュラル・ボーン・ストーカーだ。あと、最初の方のラミー(山内圭哉さん)のセリフで「レンタルビデオ返しに行かないと」というシーンで、借りた作品は「イカボクサー」(あれ、「いかレスラー」?)初日は「キャシャーン」だったようですが、毎回違うんですかね。そんなところも面白い。山内さんのカツラが変わるのも楽しめました。「ガマ王子~」からちょっと気になってたんですよね。走りもツボだったな~。あとハート役の風花舞さん、よかったです。すごくスタイルいいですね。宝塚出身だとか。

ラストは賛否両論という感じでしたが、まぁ今となってはそれでもアリかなと。(ほんとはもっと言いたいけど・・)

カーテンコールは3回だったかな。出演者が順番に出てくる時に、なんとアイドル石野真子さんが歌ってる。ライブですよ(笑)やってくれますね~(笑)この作品、毎回カーテンコールで後藤氏が「駅前劇場みたいな芝居をあえてパルコ劇場でやってみました」と言うそうですが(ネタバレをみた)今回言ってたのかしら?(覚えてない(笑))ほんと、小ネタが随所随所に散りばめられ、小劇場な雰囲気で面白かったです。最後の挨拶を後藤さんが、誰かに振るのですが、その時にならないと分からないようで出演者みんなドキドキのようでした。やっぱり心構えなく突然指名されるとしゃべれないようですね。今回の最後の挨拶は奥菜恵さん。「ヤダ-!」なんて言ってました。「みなさん、楽しんでいただけましたか?私は、とっても、楽しかったです!」と、小学生の日記のような棒読みな感じがまた可愛かったです(笑)隣にいた山内さんが突っ込んだり、こそこそ何か吹き込んでる様子が仲良さそうでした。最後の最後に扉に入っていくのですが、皆さんがこちらを覗いて手を振ってくれているのも好きでした。奥菜さんはぴょんぴょんはねて手を振っていました。かわいー。
カーテンコールが一番好きで、ってヘンですが、どんなお芝居でもなんか感動して泣きそうになります。あの感じが大好き☆☆

ひとつ気になったのですが、「ハイパーテンション・ラヴ・コメディ!」ってありますけど・・ラヴって?あったっけ?まぁいっか。人それぞれということで。最前列に男性が結構いたな~って思いましたが、奥菜さん目当て?それとも石野真子?そうそう、あと、群馬ネタがあって、ダイヤモンド(澤田さん)にジョーカー(後藤氏)が「梶野に語尾に「○○さ~」と言って話しかけるように」とアドバイスするのですが、群馬の方言?でしょうか。面白かったです。

やっぱりお芝居は楽しいね。もう一回観たいよ。

ダブリンの鐘つきカビ人間
再演決定です。出演は誰になるんでしょう。行きたいな。

※関連記事

シャッフル official
伊原剛志インタビュー
公開舞台稽古
ぴあ 特集コラム
シアターガイド 公開舞台稽古
[PR]
by chii1979 | 2005-04-28 00:00 | 芝居・バレエ

☆Shuffle-シャッフル-☆その壱
e0061557_16282488.jpg渋谷PARCO劇場 : i 列センター席
作・演出:後藤ひろひと
出演:伊原剛志、奥菜恵、山内圭哉、三上市朗、風花舞、平田敦子、松谷賢示、澤田育子、後藤ひろひと、石野真子、鹿内孝

※ストーリー※
”シャッフル”と呼ばれる自称もてもて刑事が喰らった一発!その一発が彼の運命、いや脳内視力を変えてしまう…同僚が上司に!上司が犯人に!犯人が憧れの女性に見えてしまうばらばら頭脳になってしまった…様々な人間模様が様々に入り組む、大王流怒涛のハイパーテンション・ラヴ・コメディ!(パルコ劇場より)

※出演者紹介(パンフレットより。←大きくて豪華。カラフルで好きだな~)
乾利貴(いぬいとしき):伊原剛志
刑事としては切れ者だが「トランプのカードを扱うように、簡単に女性を引っ掛けては捨てる」ためシャッフルと呼ばれる女たらし。窃盗団「チップス」を追っている途中転落し、自分の記憶にいる人物がばらばらに見えるという奇病に侵されてしまう。あ、ちなみに「ブスは見えない」らしい(笑)
名ゼリフ「俺は女より女の顔にうるさいんだ!」(笑)

三つ葉幸子(みつばさちこ):奥菜恵
窃盗団に襲われて警備員をクビになる。そのためシャッフルにつきまとう。「黒ぶち眼鏡でそばかすだらけでボサボサ頭」で博多弁が抜けないちびな女。小柄な姿に似合わず格闘技の猛者。容姿や服装には興味がなく、座右の銘は「質実剛健」

ラミー:山内圭哉(やまうちたかや)
窃盗団「チップス」のメンバー。
外見はスキンヘッドのパンクス系だが頭がよく、メカ設計など技術面担当。

梶野(かじの):三上市朗
シャッフルの同僚刑事で親友(?)自分とは正反対でノリと直感で行動するシャッフルが許せない。群馬県出身(ここポイント(笑))

ハート:風花舞
窃盗団「チップス」のボス。ビジネスのためなら手段を選ばない。(シャッフルはこのハートの抜群のスタイルと美貌に惑わされ、襲撃を受ける)

剣(つるぎ):平田敦子
シャッフル、梶野の上司・係長。迫力ある風貌で女性でありながら、一目置かれている。いい加減なことが許せないためシャッフルをクビにしたがっている。ボディの厚みは銃弾の威力をも半減させる。

BJ:松谷賢示
窃盗団「チップス」のメンバー。一見穏やかそうだが一度火がつくと人間凶器に。得意技は首へし折り。ハートやラミーに忠実で言葉遣いも丁寧。

ダイアモンド:澤田育子
シャッフルに捨てられ、シャッフルを撃ち殺すチャンスを待つ。拳銃、銃弾の扱いの知識・経験もあるらしい。

ジョーカー:後藤ひろひと
謎の男。かつて、ハートの先輩のような存在だったが、ハートの裏切りによりシャッフルに投獄される。チャームポイントはクルリンひげ(笑)

石野真子(いしのまこ):石野真子
78年~80年に一世を風靡したアイドル歌手。シャッフルの憧れのアイドル歌手。

賽野目(さいのめ):鹿内孝
警察病院の医師。特技は病状の説明を面白い例え話ですること。


☆Shuffle-シャッフル-☆その弐につづく☆
[PR]
by chii1979 | 2005-04-27 00:00 | 芝居・バレエ

帰ってきました☆
いや~、お芝居、楽しかった☆☆おすすめ。すっごいコメディでした(笑)
伊原さんは言うまでもなくかっこよかったし、奥菜さんもすっごく可愛かった。色白で細くてちっちゃ!
ストーリーもハイテンションでテンポがよくて楽しめました。そして舞台も役者もカラフル!
なによりも、後藤ひろひと氏!いやー、やってくれましたねぇ(笑)現れたときには会場大爆笑でした。
まさか、あんな格好で!(笑)また少しずつネタバレ感想書きます。なんかごちゃごちゃで書けない。

東京は劇場がある渋谷やら、銀座やら、六本木ヒルズやらに行ったのですが、週末なのにすいてるんですね~。(渋谷はいつも混んでますが)舞台観たあと、hisukeさんにおしえてもらったCafe Dining Club CELEBへ。混んでいて、1階しか空いてなくて、2階のプール見れなかったのが残念。でも雰囲気もよく、落ち着けてよかったな。チーズケーキも食べたかったけどまたの機会に☆

銀座では友人が好きなので、並木通りにあるエルメスとかカルティエとかヴィトンとか全フロア見てまわりましたよ。しかし、グッチや、プラダは見ないあたりにこだわりが。銀座は好きだけど、さすがに全フロア見てまわることはできないから、ある意味よかったのかなぁ。だって、普段バッグは見ても洋服っていちいち手にとってみたりできないもん、私は。しかし、歩いた歩いた。疲れたなー。六本木ヒルズはたぶんもう行かない(笑)まぁ一度は行ってみてもいいかも、という感じ。映画や、美術館だけの利用になりそう。だって、つまらないんだもん。それとも楽しみ方を知らないとか?ランチは六本木ヒルズB1Fのタイ風カフェ・レストランOriental Princessに行きました。ここではカレーを。辛かったけど美味しかった~。ずっとカレー食べたかったんだよな~。それにしても辛かった。ヒルズは展望台が一番楽しめました。でも建築とか好きなので森都市未来研究所をゆっくり見れなかったのが残念。あと、アートショップに蜷川実花のポストカードがあったので同じのをたくさん買いました。暑中見舞に送ろう(気が早い・・でもたしか去年見つけて他の買ったな(笑))

e0061557_1605826.jpg泊まったホテルもよかったな。ひとつは浜松町のアートホテルズ浜松町。ちょっと駅から歩くのが難点ですが(5分ほどですが、暗くて人気が少ない)とにかく安い!楽天トラベルで予約しましたがほんとに安い心配なくらいに(笑)おすすめです。ってそんな安いホテルには泊まれない?(笑)まぁ確かにそうか。でも対応もよく、設備も整っていて、綺麗だし、部屋は広いし!朝食込みだし!


e0061557_163681.jpgもうひとつは銀座のラ・スール ギンザと迷いましたが、汐留のホテルヴィラフォンテーヌ汐留へ。 去年オープンで、とても綺麗なホテルでした。こちらはアートホテルズよりは狭いのですが、モダンでシックで私のタイプ。セキュリティーも万全でエレベーターへの入り口には扉があり、宿泊者はカードキーで出入りします。朝食はすべてセルフサービス。簡単なものしかないのですが私としてはそれで充分でした。駅は汐留からすぐだし、JR新橋まで7分ほどですが地下を通っていくので近かった。それにしても外国人が多かったな。
ホテルの人はみんな英語がペラペラだとか。

汐留エリアは閑散としていましたが、休みだから?ここでもhisukeさんにおしえていただいたBombay Clubへ行きました。またカレーです(笑)ハマってますね~。こちらには休みの日でもビジネスランチっぽい方々がいました。おお、しかも英語しゃべってるー!さすが東京!なんて思ってみたり(笑)ナンもカレーも、美味しかったな~。支店もあるので他にも行ってみたいな。それにしてもカレーばかりだ。渋谷のハンズでも大泉洋プロデュース本日のスープカレーのスープ買ってしまったし(笑)
しかし、最近地元でも売られてるとか。ぎゃふんっ。

今回もいろんな友達に会いました。一緒に行った友人が仕事のため先に帰ったので、それからランチにひとり、お茶にまたひとり、ディナーに1組。一日に3組。離れてるので、少しでも話したいなと思って。予定空けてくれた友達に感謝それにしても、みんな頑張ってるなーー。東京にいる子に会うと元気が伝染してくる。もちろん地元は地元で別だけど。上京しちゃおうかなって気になっちゃったよ、つい(笑)


コメント、ありがとうございました。また後日返信いたします☆☆☆
[PR]
by chii1979 | 2005-04-26 00:00 |

最近覗いたサイト「映画・ドラマ」
ジョゼと虎と魚たち official
きょうのできごと official
東京タワー official
恋の門 official
いま、会いにゆきます official
インファナルアフェア official
エイプリルの七面鳥 official
パッチギ official
FOX「24-TWENTY FOUR-」
アリー my Love スペシャルサイト@Excite
アカデミー official
[PR]
by chii1979 | 2005-04-25 00:00 | イロンナサイト


たおやかに***
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■開設日 忍者TOOLS
アメブロ:2005/01/12
エキブロ:2005/09/11

chiiです。
アメブロからエキブロへ。
細々とやっていきます。
人生ゆる~く、ゆる~く☆
(関連記事→

*メッセージはこちら*

□Love*Love(よくかわります)
Coldplay Sting Travis U2 Beck Elvis Costello Oasis Blur Sade Erikah Badu TLC Madonna Saint Etienne Clementine Lisa Loeb Norah Jones the corrs 畠山美由紀 安室奈美恵 宇多田ヒカル Pushim KinKi Kids スガシカオ スネオヘアー 徳永英明 ウルフルズ 江國香織 村上春樹 原田宗典 京極夏彦 山田詠美 宮部みゆき 桐野夏生 吉本ばなな 矢沢あい 西村しのぶ 一条ゆかり 鴨居まさね 浦沢直樹 聖千秋 蜷川実花 ジュード・ロウ マシュー・マコノヒージュリア・ロバーツ アントニオ・バンデラス トム・ハンクス ニコラス・ケイジ ナタリー・ポートマン アシュレイ・ジャッド ケイト・ハドソン サンドラ・ブロック マリサ・トメイ ドリュー・バリモア ジェニファー・ロペス ジェマ・ウォード ジゼル 伊原剛志 三上博史 竹野内豊 田辺誠一 藤原竜也 オダギリジョー 津田寛治 永作博美 菅野美穂 奥菜惠 辺見えみり 原田知世 ともさかりえ YOU 岩堀せり 富永愛 SHIHO 松本人志 浅草キッド ラーメンズ FUJIWARA 次長課長 さまぁず 板尾創路 木村祐一 鈴井貴之 ニーナ・アナニアシヴィリ シルヴィ・ギエム モネ ピカソ クリムト ロンドン バルセロナ パリ フィレンツェ ローマ バリ 上海 秋 冬


□モロッコ行きたいなぁぁ



☆お気に入り☆
人生楽しんだもん勝ち?
椿
まよの気まま日記
Cinema Coconut
閑居猫*道楽日乗 
曇り時々晴れ
私の歩いてきた道
なでブログ ~ 
貧乏旅行記と旅行情報

Gowith the flow of life
☆☆☆プロローグ☆☆☆
Heart☆Happy
LOVE★LIFE
In da Harlem
『お金はないけど気分は プチセレブ★』
たむの世知辛日記
Author Unknown
BLUE LACE

水曜どうでしょう
CREATIVEOFFICE CUE
7&Y
amazon
スペースシャワーTV
CinemaScape
Eプラス
cafeglobe.com
大極宮
bloom books
Style.com
ABC振興会
ほっとけない 世界のまずしさ
GRACE

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧